ストーカーに関する調査

ストーカーに関する調査

ストーキング被害は女性の場合が多く、犯人は元夫や恋人、元職場同僚、知人など過去にかかわったことのある人物の場合が多いです。

被害者はストーカーの監視から逃れることができずに昼も夜もおびえて暮らさなくてはならず過酷な生活を強いられてしまうのです。

この恐怖がどんなものであるかを理解できるのは、被害を受けた当事者だけなのです。

1人で解決しようとせず、専門家や公的機関などに早めに相談することが重要です。

ストーカーされている危険度チェック!

□ いつも誰かに見られてる

□ 誰かが追いかけてくる

□ いたずら電話や無言電話が多い

□ 一方的に手紙を送ってくる

□ 嫌いなものがポストに投函されている

□ 元カレ、彼女を一方的に振ったことがある

□ 元夫、妻と口論の末、離婚した

□ ある人から過去に告白され、断ったことがある

□ まったく身に覚えがないのに誰かに付きまとわれている

□ 上司や同僚の誘いを断ったことがある

詳しくはこちらをクリック

DVについての対策・調査

被害者は、誰にも相談することなく、ひたすら我慢し、耐えてます。

相談しない理由としては「自分さえ我慢していれば、このままやっていけると思ったから」「自分にも悪いところがあると思ったから」「相談したことが知られるのが怖いから」などがあげられます。

ですがあまり長時間に渡って耐えすぎると、心身ともに限界に達してしまう場合があります。

最近では被害者が自分を守るため、子供を守るため、家族を守るため、探偵に依頼をし状況証拠撮りをするようになってきました。

状況によっては弁護士を紹介し、大きな事故につながらないよう最善を尽くします。

DV被害を一人で我慢するより、まずはお電話ください。

 

 

お子様のいじめに関する調査

最近、子供たちの間で当たり前のようにいじめが行われています。

教育や地域住民の目の届かないところでいじめは行われており子供が親に相談するケースは、ほとんどなく一人で問題を抱え、いじめはエスカレートしてゆき、やがて子供の人格形成にも影響を及ぼす重大な問題になってきてます。

子供の様子チェック!

□ 家から品物や金品がなくなる、またはお金を欲しがる

□ 服に汚れや破れが見られ、体は打撲や擦り傷などの跡がある

□ 最近、わけもなく学校からの帰宅時間が遅い

□ ぼーっとしたり、ため息をすることが多くなり食欲がない

□ 突然、感情的に反抗したり口数が少なくなったりする

□ 持ち物がなくなることが多く、壊されたり落書きされたりしている

□ 通学時間になると腹痛など体の具合が悪くなる

□ 家族との会話を避けるようになり、かえって気もすぐに自分の部屋に閉じこもる

無料相談・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

通話無料! お電話でのご相談はこちら

0120-863-860

受付時間:年中無休!24時間体制